スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児の外傷:肘内障(ちゅうないしょう)になったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

娘が3歳の頃、お友達と3人で手をつないで遊んでいました。
娘が真ん中だったのだけれど、両側の2人が手をつないだまま反対方向に歩いて行ってしまい、両手を引っ張られてしまいました。

そしたら激しく泣いて、腕はだらんとした感じで動かさない。
見た目は腫れたりもしていないのだけれど、あんまり痛がるので病院に連れて行きました。

整形外科で診てもらいました。

肘内障(ちゅうないしょう)というのだそうです。

肘内障(ちゅうないしょう)とは


肘(ひじ)の関節内障で、学齢期以前の小児の手または前腕を急に強く引っ張ったとき、橈骨(とうこつ)小頭が環状靭帯(じんたい)から亜脱臼(だっきゅう)をおこしたものをいう。
手をつないで歩いているとき、幼児が急につまずいて倒れそうになった場合に、幼児の手や前腕をつかんで支えたときなどにおこりやすい。
突然激しく泣き出し、腕をだらりとさせ、前腕を回内位にして動かそうとしない。
外見上、腫(は)れたり変形したりしているようなことはないが、他動的に肘関節を屈曲するか、前腕を回外しようとすると激しく泣き出すので、痛みのあることがわかる。



ひじが抜けた状態のようです。
お医者さまが腕をひねって元に戻してくれました。

肘内障の治し方


gooベビー 肘内障(ちゅうないしょう)ケア

【動画】肘内障の整復


肘内障は、くせになりやすいようで、娘は2度なりました。
成長とともに発生しなくなります。


関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/113-a6c8ad24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。