スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停が不成立になった場合、その後どうするのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚調停を申し立て、調停を行っても話し合いがうまくいかずに不成立になる場合があります。

おばちゃんの場合、相手方が途中から調停に来なくなってしまい不成立になってしまいました。

離婚理由が相手方のモラルハラスメントが原因なのですが、モラハラ夫との離婚は難しいと聞いていたので、不成立になるかもしれないと最初からある程度覚悟はしていました。

そうなると裁判になるかもしれないので、調停が始まる前に弁護士さんに相談しました。

調停が不成立になった場合、どうしても離婚したければ離婚裁判になるわけですが、我が家のケースの場合すぐに裁判をするのは難しいと言われました。

このまま別居生活を数年続けてから裁判をしたほうがよいとのことでした。

別居生活が長くなると、夫婦関係が破綻していると認められ、離婚できるのだそうです。

2,3年別居すれば認められるでしょうとのことでした。

その間、生活費がかかるので婚姻費用分担請求をして、婚姻費用(生活費)をもらいながら別居すればよいとのことだったので、離婚調停と並行して婚姻費用分担請求の調停も申し立てました。

弁護士さんの話によると、離婚裁判になるのは女性側が離婚したくないと言っている場合が多いのだそうです。
女性の場合、離婚すると生活に困るからだそうです。

離婚調停は不成立になっても、婚姻費用分担請求は乙類事件に該当するので不成立になれば審判に移行します。
なので婚姻費用の分担に関しては、金額が希望通りかどうかは別にしても確実に決定します。

で、養育費や婚姻費用は算定表に基づいて決定するのだけれど、普通、養育費より婚姻費用の方が高額です。

なので男性の場合は、別居生活を続けていくうちに、高い婚姻費用を払い続けるより、離婚してしまえば子供がいる場合養育費の支払いだけですむので、そのうち離婚に同意することが多いのだとか。

裁判になると、弁護士も依頼しないといけないので100万円以上かかるでしょう。
実際に裁判が始まっても1年くらいはかかるようです。

裁判に1年くらいかかるので、別居して1年半くらいとかで提訴してもいいかもしれないとか。


私が弁護士に相談したときは、まだ調停が始まっていなかった時です。

その後、夫からの嫌がらせがエスカレートし、中傷ビラをまかれたり、脅されたり、警察にも相談に行ってDVですねと太鼓判を押され、調停にも来なくなったことなど、状況が変わったので、婚費の審判の後、相手の出方次第で、もう一度弁護士相談にいってみようと思っています。

婚姻費用をきちんと支払ってくれるのであれば、別居のまま、向こうがあきらめるまでしばらく様子をみるつもりです。

でもおそらく、婚費の支払いもしてくれない気がします。

婚姻費用が支払われないと、裁判所に履行勧告・履行命令をしてもらい、最終的には給料の差押えという強制執行もできるようです。

だけど、調停の申立てから審判まで半年以上経っていて、まだ一銭も貰ってないんですよね。
この後、審判で決定するまでおそらく数ヶ月月かかるでしょう。
それから実際に支払われないとなり、履行勧告してもらうのにまた時間がかかり、さらに強制執行してもらうためには費用も時間もかかります。
この分だと、実際に生活費が貰えるのはいつになるかわかりません。
まだまだ先は長そうです。

正直、あんまり長引くので疲れてきたよ。
もうお金なんか一銭もいらんから、とにかく離婚してほしいって思ってまう。





関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/115-3f01ffa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。