自動車の住所変更(変更登録)を自分でやる

このエントリーをはてなブックマークに追加

引越で住所が変わった時、自動車を持っていたら自動車の住所変更(変更登録)をします。

氏名等が変わった時も、変更登録します。

変更登録をしなくても、自動車税の納付書がちゃんと届くのなら車検も受けられるし、そのまま乗っていても問題はないのだけれど、いつまでも県外ナンバーというのもちょっとね・・・。

というわけで、今までに2度変更登録をやりました。

1度目は、引越後しばらくそのまま乗っていましたが、車検のときに業者にお願いして住所変更してもらいました。

業者に依頼すると費用はかかりますが、面倒ではありません。

2度目、県外に引越し、しばらくそのまま乗っていましたが、車検までまだ間もあるし当時専業主婦で暇もあったので自分でやってみることにしました。

まず住民票は異動しておくこと。
続いて車庫証明が必要になります。
警察署に行って申請用紙をもらいます。
警察署に行ったついでに免許証の住所変更もしておくとよいでしょう。(住民票が必要です)

車庫証明の申請用紙をもらうときに、わからないことは聞いておこう。
確か、警察署で、車庫証明や運輸支局での変更登録の届け出について説明が書かれた紙をもらったと思います。

地図を書いたりと面倒なので、おそらく、一旦家に持ち帰り記載することになります。

必要事項を記載して、提出します。

費用は、地域によって違いますが、2~3.000円ほどでしょう。

交付されるまでに、数日かかります。

交付された「自動車保管場所証明書(車庫証明書)」は1ヶ月間有効なので、1ヶ月以内に運輸支局で変更登録をします。

ナンバープレートを変更してもらうので、運種支局には変更してもらう車に乗っていきます。


申請に必要な書類

 
1.申請書(OCR シート第1号様式)
2.手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付)
3.変更の事実を証する書面 
  ・住所変更があった場合
    個人・・・住民票(発行後3ヶ月以内のもの)、住居表示変更通知書等。
    ※2回以上転居している場合は住所のつながりが証明できる住民票の除票または戸籍の附票も必要です。
    法人・・・商業登記簿の謄本または抄本、登記事項証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
 
  ・氏名または名称に変更があった場合
    個人・・・戸籍謄本または抄本(発行後3ヶ月以内のもの)
    法人・・・商業登記簿の謄本または抄本、登記事項証明書(発行後3ヶ月以内のもの)

  ・外国人の場合
     変更事項の新と旧が記載されている住民票が必要となります(発行後3ヶ月以内のもの)。
     ※住民票でつながりが証明できない場合は、つながりが証明できる住民票の除票も必要です。

4.自動車検査証



1. 所有者・使用者が同一の場合(上記「申請に必要な書類」に加えて) ・印鑑(本人が直接申請するときは認印、代理人が申請するときは代理人は記名でよい)
・委任状(代理人による申請を行う場合は認印を押印、本人が直接申請するときには不要)
・自動車保管場所証明書(住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後概ね1ヶ月以内のもの)
  ※使用の本拠の位置が変更になり、且つ自動車保管場所証明書適用地域の場合に限り必要

2. 所有者・使用者が異なる場合(上記「申請に必要な書類」に加えて)
・所有者の印鑑( 所有者本人が直接申請するときは認印、代理人が申請するときは代理人は記名でよい)
・所有者の委任状( 代理人による申請を行う場合は認印を押印、本人が直接申請 するときには不要)
使用者の住所を証する書面(個人においては住民票または印鑑証明書、法人にあっては商業登記簿謄本等で発行後3ヶ月以内のもの)
・使用者の印鑑(使用者本人が直接申請するときは認印、代理人が申請するときは代理人は記名でよい)
・使用者の委任状(代理人による申請を行う場合は認印を押印、使用者本人が直 接申請するときには不要)
・使用者の自動車保管場所証明書( 住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後概ね1ヶ月以内のもの)
※使用の本拠の位置が変更になり、且つ自動車保管場所証明書適用地域の場合に限り必要
・自動車損害賠償責任保険(使用者が変わらないときは不要)


費用
・登録手数料 350円
・ナンバープレート交付手数料(自動車登録番号の変更を伴うとき) 約2.000円
・申請書代 約100円


運輸支局で用紙に記入しました。
見本がありますが、結構面倒なので、事前に申請用紙を入手できれば記入して持っていくほうが良いと思います。

運輸支局に代書屋さんがいる窓口があって、面倒なら費用はかかりますが、全部やってもらえます。

必要書類を提出し、不備がなければ新しい車検証が交付されます。
ナンバープレートの変更があれば新しいナンバープレートを購入。
最後にナンバーの封印をしてもらいます。

本当は、ナンバープレートの付け替えは自分でやるみたいですが、私の場合、女性でそのころもう少し若かったこと、そして赤ちゃん連れで行ってたからか、向こうの人がやってくれました。
感謝です。

業者に頼むと3万円くらいかかってしまう登録変更も、車庫証明も含め5.000円ほどですみました。

・国土交通省|自動車検査・登録ガイド
車検と車の手続き案内センター

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/116-df0bd416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon