スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫と別居中 児童手当を受け取りたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

児童を養育している保護者に支給される児童手当という公的制度があります。

支給要件は変わったりしますが、2012年(平成24年)現在は、中学校修了前(15才到達後最初の3月31日)までの児童を養育している方が対象です。
名称も子ども手当から児童手当に戻りました。

児童手当は、児童を養育する家計の主たる生計維持者が申請し受給するので、普通は父親の口座に振り込まれることが多いと思います。

夫婦が別居していたらどうなるんでしょうか。
両親が離婚協議中のために別居していて生計を同じくしていないときは、お子さんと同居している方に児童手当が支給されます。

別居でも単身赴任など両親が生計を同じくしている場合は、生計を維持する程度の高い方(収入の多い方)に支給されます。

おばちゃんの場合は、市内で別居し、住民票の異動(移動)もしていませんが、市役所に行って、事情を説明し児童手当の受給者変更をしてもらいました。

離婚調停中だったことを証明するために、家庭裁判所からの調停の呼び出し状を別居している住所宛に届いた封筒(住所と氏名が書かれている)ごと持って行きました。

最近では、こういうケースも多いようで、すんなりと手続きをしてくれましたよ。

住民票を移していれば、住民票で確認してもらえると思います。

夫に児童手当受給事由消滅届を書いてもらって提出しないといけない場合もあります。

児童課の窓口に行って相談してみて下さい。

児童手当は変更して受給できるんですが、離婚協議中で別居をしていて生活費を貰っていなくても、ひとり親家庭等の支援制度の児童扶養手当は受給することができません。

受給資格の要件に、「父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童」というものがあります。

遺棄とは、父または母が児童と同居しないで、日常生活における児童の衣食住などの面倒も含め監護義務をまったく放棄している状態をいいます。父または母が単身赴任や入院等のため別居している場合、また仕送りがある場合や一度でも子どもの安否を気遣う電話や手紙があるときは、監護意思があると考えられ、遺棄に該当しません。

なので1年以上音信不通、行方不明など、別居で受給できる条件は厳しいです。

2012年(平成24年)8月より、配偶者からの暴力(DV)被害者に対する支給要件が一部改正されました。

児童扶養手当を受けることができる人は、次のような条件に当てはまる、18歳に達する年度の年度末までの児童または20歳未満で一定程度の障がいがある児童の母(父)や、母(父)に代わってその児童を養育している人です。


•父と母が離婚した児童(届出をしていない事実上の婚姻関係を解消した場合も含みます)
•父(母)が死亡した児童
•父(母)が重度の障がいの状態にある児童(国民年金法の1級または身体障害者手帳の1級から2級程度まで)
•父(母)が3カ月以上生死不明である児童
•父(母)が1年以上同居せず,かつ生計を維持しないで遺棄している児童
•父(母)が1年以上刑務所などに収容されている児童
•婚姻によらないで生まれた児童(未婚の母の子など)
•父母があるかないか明らかでない児童(孤児,棄児など)
•父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童






関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/117-9fc44da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。