スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できるだけ安く引っ越したいので、引越し一括見積もりを利用してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

諸事情ありまして、先週、引っ越したんですわ。

引越は何度かしていて、過去に引っ越したときには自分で何社かに電話して見積もりに来てもらって、決めました。

今回は、ネットでできる一括見積というのを初めて利用してみました。

ズバット引越し比較を利用してみました。




必要事項を入力して送信すると、そっこーである業者から電話がかかってきました。

早っ!

訪問見積もりをお願いして電話を切ったら、また別の業者からも電話が・・・、なんて早いんだ!

結局電話がかかってきた2社に訪問見積もりを依頼しました。

他にも何社かから見積もりのメールが来ていました。

一括見積では入っていなかった、地元に営業所がある別の引っ越し業者にもネットで見積もりを依頼し3社の中から決めようと思ってました。

最初に見積もりに来てもらったのがサカイ引越センターで、なんや知らんけどサービスだとかでお米くれた。
引っ越しのサカイでは訪問見積もりをお願いするとお米1kg貰えます。

次に来てもらったのがアート引越センターで、最初出された見積額は、サカイより高かったです。

あと1社見積もりをお願いしていたので、そのあと決めるつもりだと話したのだけれど、「あぁ、そうですか」とあっさりと引くかと思いきや、「ちなみに、今決めていただいたら4万円でいいと上司が申しております」
とのお言葉。

最初の見積もりが6万近いので、めちゃ安やん!

ちなみに、市内、1階から1階、2DK、時間フリーでのお引越しでございます。

もう1社見積もりをとってから決めてもよかったのだけど、あんまりかけ引きするのも得意でないし、あんまり変わらんかなぁ・・・っていうのと、サカイは作業員が2人での料金で、アートは作業員3人での料金です。
アートでは、3人を2人にすることはできないとかで、でも1人多いと確実に作業効率は良いですよね。
あと引越し前と後のご近所にティッシュもって挨拶にも行ってくれるとか、エコ楽ボックスとか、そういや昔友達がアートで働いてたなぁ・・・とか、思い出したりとか、なんか良さそうだったので、お願いすることにしました。

後でサカイから電話がかかってきて、「勉強しまっせ引越のサカイ♪」とCMじゃないけれど「うちでも勉強させてもらおうと思ってたんですけど・・・」とのこと、じゃあいったいいくらになってん・・・てちと気になるけれど、ま、いっか。
なんか駆け引きするには時間もかかるし、あっちこっち連絡するのもめんどいのですぐ決めちゃったけど、少しでも安くしたい人は、ねばって値切ればもっと下がるかもしれないので頑張ってみて下さい。

実際のお引越しは、ものすごい勢いで作業が進み、無事引越完了。
リーダーの人が、若い子にめっちゃ怒りまくってたけど・・・。
まぁ、若い子は言わな動かん子が多いからしゃあないかもね。

で、結局引っ越しを安くあげるポイント。

複数の業者から見積もりをとるのは基本です。
何社か見積もりをとって内容と料金を比較して、あっちはいくらだったんですよねぇ~とか言って、値引きしてもらう。

訪問見積もりは、家の中に入り各部屋の家具、荷物などをチェックしていきます。
荷物の量と道幅などからトラックの大きさを決め、日時、距離、階層で値段が違っていくようです。
土曜日だと高いみたいです。
今は引越しシーズンではないので、日曜日でも平日でも値段は変わりないようです。
時間も午前中は高くて、時間を指定しないフリーにしておくと安くなります。
フリーにしておくと、安いけれど前の引越しが終わった後に来るので、何時になるかはわからないとか。
2日前くらいには、およその時間の連絡がありました。
シーズンではないので実際の引っ越しには、午後1時に来てくれましたが、春先など忙しい時期だと夕方になることもあるとか・・・。
高くても朝イチに来てもらって早く終わらせるか、遅くなってもいいから安く済ませたいか、考えどころです。
家具や電化製品など大きなものやダンボールに入らないもの、布団なども業者が梱包して運んでくれるんですが、そのほかの細かいものの荷作りを自分でするか、業者にお願いするかでも値段が違います。
自分で段ボールにつめ、自分で開けるというのが安上がりです。
ダンボールは、業者が用意してくれます。

エアコンや、洗濯機の取り付け設置は、引っ越し業者ではなく別料金で専門業者に依頼するところが多いようです。

今回失敗したのが、洗濯機の設置をお願いしなかったことです。
洗濯機の設置は別料金だったので節約しようと自分でやることにしていたのだけれど、引越も終わり業者も帰ったあと、さぁやろかと思ったら、排水ホースの位置が前に住んでいたところと、新しい住居とでは左右が逆でした。
私も事前にしっかり確かめればよかったのだけれど、排水ホースの方向を逆にするには洗濯機の底の部分に止めてあるホースの向きを反対にしないといけません。
ということは一回ひっくり返すか、横倒し、せめて底が全部見えるようにななめにしないといけません。
動かそうにも洗濯バンにはまっていて動けへん。
置く前にわかってたら、引越し業者の人にちょっと待ってぇ~と、置く前にホースの位置を変えれたんですけど全然気づきませんでした。
男手がないので、持ち上げることもできずしょうがないのでその洗濯機を買った量販店に電話して設置をお願いしました。次の日来てもらって3,150円で設置してもらいました。
男性2人がかりでやってくれました。
排水ホースだけでなく、結局水道の蛇口の部分も取り替えないといけなかったので、やはりこういうものは高くついても最初からお任せした方がよさそうです。

あと、友達や身内などに頼んで引っ越すと安上がりやん!
って思うでしょうが、やはり素人では要領が悪くて時間がかかるし、怪我されてもしゃあないし、何か壊されても弁償してって言えないし、御礼にとご飯ご馳走したりせなあかんし、業者に任せた方がよいと思います。

まだ引っ越しの片付けが終わってなくてダンボールが山のようになってます。
ダンボールも引き取りに来てくれるので早く片づけないと・・・・。


ネットでできる引越一括見積りは、自分で電話したり、いちいち各社のサイトで入力したりしなくていいので楽でした。




関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/120-c1a2dc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。