スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生のアルバイト、稼ぎすぎると扶養からはずれる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦のパートなどで「103万円の壁」とよく言われますよね。
主婦が夫の扶養の範囲内でおさまる収入の限度額が年収103万円なので、それを超えないように働くってやつですね。

この「103万円の壁」主婦だけでなく学生のアルバイトにもあるんですわ。

学費がかかるから・・・などとせっせとアルバイトに励んだら、親の扶養からはずれてしまったなんてことになるんですよ。

扶養から外れると言っても、この場合の扶養とは所得税法の扶養控除のことです。

子どもの扶養控除ですが、平成23年分以後に改正されました。
子どもが16歳未満なら、扶養控除はなく、16歳より扶養控除が認められるようになりました。一般の扶養親族に対す控除額は、所得税38万円、住民税38万円。
19歳以上23歳未満の 扶養家族は「特定扶養親族」として、適用される控除額は、控除額は所得税で63万円、個人住民税で45万円と上乗せされています。
この扶養控除が、子どものアルバイトでの収入が103万円を超えた段階で適用されなくなります。

そうすると、親が支払う税金の額が増えてしまうのです。

さらに、住民税(市・県民税)も納めなければならない可能性があります。

学生や主婦など、よく扶養、扶養と言うけれど、税制上の扶養と、健康保険法での扶養は別です。

親や夫の会社で入っている社会保険などの扶養や扶養手当がもらえる限度額というのは、103万円ではありません。

一般的には130万円が限度です。国保の場合はまた別です。

税金や扶養の話って、なんだかわかりにくいんですが、今回は学生のアルバイトの話ね。

学生がアルバイトをして年収が103万円以上、130万円以内だったとします。

その学生(子ども)を扶養していた親の所得税が増えます。具体的には、サラリーマンだと年末調整で戻ってくる額が少ない、もしくは追徴されます。(19歳以上23歳未満の場合税率10%で6万3000円ほど)

その学生(子ども)本人は、給与所得控除65万円、基礎控除38万円、勤労学生控除27万円で、年収130万円までは所得税(国税)は課税されません。

住民税(市・県民税)は、自治体によって差があり90万から100万円くらいまでが非課税の限度額です。
なので103万円を超えていれば、普通は課税されます。ただし勤労学生控除があるので、124万円までは非課税です。
未成年だと限度額がもっと上だったりします。

130万円以内だと、親の扶養に入っている健康保険が使えます。

別に親の税額が増えても自分の収入さえ増えればいいさというなら、ガンガン稼いじゃってもいいかもしれないけれど、124万超えると住民税が、そして130万円を超えると自分で健康保険に加入しなくてはならないので、あとでしまった!ってならないように調整するのがよさそうです。

うちの子は、学生時代に税金のこととか知らなくてバイトで稼ぎすぎて、住民税払って、親の扶養からも外れちゃいましたよ。親のところには、お宅のお子さんがどうやら扶養から外れそうだときっちり連絡くるからね。
おそらく、勤労学生控除ができたんじゃないかと思うねんけど、本人はわからずに納付書送られてきて素直に払ったらしいです。
離れて住んでいるのでわからんかった・・・。


関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/154-6dc2bc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。