スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学資保険の契約者変更をするには( 離婚後の手続き)

このエントリーをはてなブックマークに追加

息子のために郵便局(かんぽ生命)の学資保険に加入しているんですが、離婚したので元夫(父親)から、わたし(母親)名義に契約者変更することにしました。

これが結構面倒くさい。

一番簡単なのは、変更前の契約者と変更後の契約者、つまり元夫婦(被保険者の父母)が二人揃って郵便局のかんぽの窓口に行って直接契約者変更の手続きを行う場合です。
この場合は、保険証書、印章(印鑑)、戸籍謄本、お互いの身分証明書を持って窓口に行き、保険契約者承継請求書に記名押印すれば変更できます。

わたしの場合、元だんなの顔も見たくないし、お互いの仕事もあるし、一緒に行くなんて絶対に考えられない。というわけで、どうすればいいか窓口に行って教えてもらいました。
一緒に来て手続きができない場合は、変更前の契約者の実印と印鑑証明が必要になります。
郵便局で保険契約者承継請求書をもらい、そこに変更前の契約者本人に自筆での署名と実印での押印をしてもらい、そして印鑑証明書をとってきてもらわなければなりません。
顔を合わせたくない場合、これを郵送なり、人に頼むなりでやらないといけないので結構大変です。

変更前の契約者の運転免許証などを借りてきて見せることができれば、印鑑証明がなくてもいいそうです。

それと戸籍謄本が必要となります。
変更前および変更後の契約者と被保険者の続柄が証明できるもの、つまり父母子の3人の関係が全部記載されているものが必要となるので、婚姻していたときの戸籍謄本(多くの場合元夫が筆頭者である戸籍謄本)が必要です。

手続きは変更後(承継後)の契約者が行います。(※変更後の契約者は、被保険者の父母であること)

うちの場合、すんなり署名してくれ印鑑証明書もとってきてくれたのでスムースに変更手続きをすることができましたが、相手が嫌がる場合は難しいでしょうね。

学資保険は子どものためのものなので、満期になったときに子供にくれれば問題ないんですけどね。
まぁ、掛け金を支払うのは契約者なんでどうしても変更してくれない場合はあきらめるしかないかなぁ・・・。


郵便局 かんぽ生命の学資保険の契約者変更には以下の書類等が必要です。
詳しいことは、窓口で教えてくれます。

学資保険の契約者変更(任意承継)の請求に必要となる書類等。

■必ず用意する書類等
・保険契約者承継請求書(郵便局で用意しています)
・保険証書
・印章
・変更前および変更後の契約者と被保険者の続き柄証明書(変更前および変更後の契約者と被保険者の名前・続柄が記載されているものに限る)
・変更後の契約者本人のみが使用できる公的証明書類(原本) 運転免許証など

 変更前の契約者の同席有無
 あり→変更前の契約者本人のみが使用できる公的証明書類(原本) 運転免許証など
 なし→変更前の契約者の印鑑登録証明書(保険契約者承継請求書に登録員で押印している場合に限る)
    または、変更前の契約者本人のみが使用できる公的証明書類(原本) 運転免許証など
    
■必要に応じて用意する書類等
・変更前の契約者の生年月日証明書(証明済みの場合は不要)
・被保険者の新氏名が確認できる書類(被保険者の改氏名を伴う場合)
・簡易保険カード(ご利用がある場合)
・預貯金通帳(またはキャッシュカード)・預貯金通帳の届出印(保険料の口座払込みを希望の場合)

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/159-e3258fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。