スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインのコルク栓が抜けない うまく開ける方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ワインをもらったんですよ。
で、コルク栓を抜こうと思ったらこれが抜けないんですわ。

ワインは滅多に飲まないので、いいワインオープナーを持ってなくて、T字でネジネジのちゃっちいのしかなかったんですよ。

コルクにネジネジして刺さったんだけど、抜こうとしても全然動かない。

変に力入れたらコルクが崩れて悲惨なことになりそうなので、困ってました。

そんなときはネットで検索。便利な世の中ね。

なんでも、ワインを長時間立てて置いておくと、コルクが乾いていて抜けにくくなるのだとか。

栓抜きを指した状態で、ワインの瓶をそっと逆さまにしたり横にしたりして、コルクを湿らせてみました。

そしたらすっーと抜けました!

ワインを横に寝かせて保存するのは、ワインでコルクを湿らせておくためなのだとか。

ワインの栓に使われているコルクは乾燥すると収縮して弾力性を失い硬くなってしまいます。
乾燥するとコルクは空気を通しやすくなり、ワインの酸化につながります。
また、抜栓時にくずれやすくなります。
長期保存するときは、必ず寝かせましょう。

アサヒワインコム




以前、それを知らないくてコルク栓がボロボロになったことがあります。
その時はどうにもならなくて、瓶の中にコルク栓を落として飲んだことがあります。
コルクのクズがワインに混ざって悲惨でした。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/163-39e1cbf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。