スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ローンレンジャー』観に行った 映画感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ローンレンジャー』を観に行ってきました。

「ローレン ローレン ローレン♪ ローレン ローレン ローレン♪」

それは「ローハイド」やがな・・・。

古いですね・・・。

昔のアメリカの西部劇ドラマ「ローハイド」はなんとなくわかるんだけど、「ローンレンジャー」はタイトルしか知らんかった。

またまたジョニー・デップのメイク姿での変てこな役どころだし、ディズニーだし、大こけしたとか言われてるし、同じような感じばっかりでたいしておもしろくないんちゃうのなんて思って公開当初は観に行くつもりはなかったんだけど、観に行った人はおもしろかったと言っているし、子供も観たいと言うので1000円の映画の日に観に行くことにした。

これが予想以上におもしろかった。

あらすじ:無法者のブッチ・キャヴェンディッシュとコマンチ族の悪霊ハンター、トントが列車でテキサスに護送されていたが、キャヴェンディッシュは逃走。同じ列車に乗り合わせた若き検事のジョン・リードは、テキサス・レンジャーである兄のダンと共に、キャヴェンディッシュを追うが、返り討ちにあい、兄と共に殺されてしまう。そこにトントが現れ、不思議な呪いでジョンを蘇らせた。ジョンは兄の形見を身に着け、“ローン・レンジャー”としてキャヴェンディッシュを追う。



遊園地の展示館かなんかにきたマスク姿の少年に、人形だと思ってたインディアン(トント)が突然動きだし、ローンレンジャーの話を語るというストーリー展開になっている。
ところどころで、トントと少年のシーンに戻ったりもするので、尺が長いのがちょっともったいない気もするなぁ。

コミカルなシーンとシリアスなシーンと両方あって、アクションもロマンスもあるし、楽しめる作品でした。

後半の鉄道のアクションシーンは、すごい! 白馬に乗ったローンレンジャーが列車の上を走っていくシーンなんて迫力満点です。 細かいネタもいれつつ、めっちゃ楽しいです。
ベタベタなウィリアム・テル序曲がもうぴったりで、盛り上がるわぁ~。

ローン・レンジャーのアーミー・ハマーもかっこええわぁ・・・。
ジョニー・デップの肌感、白塗りのひび割れがなんか汚らしくみえてイマイチ好きじゃないねんけれど、相変わらず変人やらせたら上手いわなぁ・・・。

カラスとの絡みとかおもしろい。
白馬もおもろいよねぇ・・・。どうやって登ってん(笑)

「キモサベ」というのは「友達」って意味やと思っててんけど、字幕版では「劣った弟」という意味だと言っていて、日本語吹替え版では「ともだち」って訳してるのかどうか気になったりして・・・。
「友達」「劣った弟」では全然意味違うやんなぁ・・・。


今年の夏から秋にかけておもしろそうな映画がいっぱいありすぎやわぁ~。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/174-e82bc252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。