スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの自転車の練習 無理せず乗れるようになる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が自転車に乗れるようになるまで、ドラマなんかの熱血練習シーン。

公園で自転車の練習する親子。
何度も転んでは、涙をこらえ練習する子供。
お父さんが荷台のところを持って支えてて、
夕暮れせまる頃、こどもが「まだ離さないでよ」「まだ離さないでよ」
「持ってるよ」「大丈夫、持ってるよ」なんていいながらいつの間にかこっそり手を離してて、
ほら、乗れてるよ~!!

なんてよくあるパターンやね。

でも、実際には一日で自転車に乗れるようになんてならないし、2、3回転んじゃったら子供も泣いて嫌がるし、荷台をつかんで後ろを走る親も思っている以上に危ないし大変です。おばちゃんには、3人子供がいますが、3人とも同じ方法ですんなり自転車に乗れるようになりました。
おばちゃん自身も、子供の頃にやった方法です。

それは、自転車の補助輪を片方だけはずすというものです。

関西では、コマなし自転車とかコマあり自転車とか自転車の補助輪のことをコマって言うねんけど、いきなりコマを両方はずすのではなくて、片方だけはずします。
いきなり自転車を買っちゃった~って人は、補助輪だけ売っているので大きさにあった補助輪つけてみて下さい。
スタンドがつくところに補助輪がつきます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル 補助車14・16インチ用 ブラック Y-2601
B001HYQEBW



で片方はずしたときに、残したほうの補助輪の高さを少し上に上げます。
自転車がまっすぐ二輪になったとき、普通に自転車が走っているときの状態のときに、補助輪が地面から浮いていて、少し補助輪側に自転車(体)をかたむけたときに補助輪が地面につくように調節します。

これだけです。

危ない、怖い、と思っても自転車を補助輪側に少し傾けるだけで補助輪が支えてくれるので、転倒することはあまりないです。
あとは、熱血練習しなくても、片コマの自転車にしばらく乗っているだけで、いうのまにか自転車に乗れるようになっています。
しばらくして、保護者がみてバランスがしっかりとれているなと判断でき、子供本人も自信がついたと思ったら補助輪をはずしてください。もう乗れていることでしょう。

この方法でも、一日二日で乗れるようになるものではありません。
絶対安全という保証もありませんので、各自責任を持って練習してください。


関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/32-e6180414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。