スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院して病院代がかかったとき 高額療養費制度

このエントリーをはてなブックマークに追加

おばちゃん何度か入院したことがあります。

子供たちも入院経験があり、身内にも入院経験があるものが結構いたりして・・・。

決して病弱ってわけではないと思うねんけどね・・・。

入院したりすると、治療費が結構かかります。
手術するとさらにかかるんですわ。
入院保険にも入ってなかったりすると、余計に不安になったりしますよね。

病院代が高額になってしまった時には、高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)という支払った医療費の一部が戻ってくる制度があります。
高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
但し、入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

国民健康保険・社会保険や共済組合などの公的な医療保険に加入していないと、この制度は利用できません。
負担の上限額は、年齢や所得によって異なります。

■加入者が70歳以上の方の場合
・現役並み所得者(月収28万円以上などの窓口負担3割の方) 外来44,400円 1か月の負担の上限額 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
・一般 外来12,000円 1か月の負担の上限額 44,400円
・低所得者(住民税非課税の方) Ⅱ(Ⅰ以外の方)外来8,000円 1か月の負担の上限額 24,600円
・Ⅰ(年金収入のみの方の場合、年金受給額80万円以下など、総所得金額がゼロの方)外来8,000円 上限額15,000円


■70歳未満の方の場合  1か月の負担の上限額
・上位所得者(月収53万円以上の方など)150,000円+(医療費-500,000円)×1%
・一般 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
・低所得者(住民税非課税の方)35,400円

例えば、70歳未満の一般所得者の場合で、100万円の医療費で、窓口の負担(3割)が30万円かかる場合、
負担の上限額 80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1% = 87,430円
30万円(支払った額)-87,430円(負担の上限額) = 212,570円(高額療養費として支給される額)
212,570円が高額療養費として支給されます。

治療に長期間かかる場合など負担額も軽減されることもあります。
高額療養費は支払い後に支給されるので、医療費を支払う必要がありますが、どうしても高額で支払いに困る場合など、貸付制度などもあったりするので、加入している保険組合に問い合わせてみましょう。

高額療養費精度の詳細は、厚生労働省 高額療養費制度を利用される皆さまへで確認できます。
お住まいの市町村、加入の保険組合のホームページなどでも確認できます。

高額療養費は、社会保険や共済組合など、申請しなくても給与振込口座に支給してくれることが多いですが、国民健康保険の場合は役所に行って申請しなければいけません。

おばちゃんは、社会保険、共済組合、どちらも加入したことがあり、どちらも何の手続きも申請もしていませんが、高額療養費が勝手に計算されて振り込まれていました。
間違って余分に振り込まれて、後で返してくださいと言われたことも・・・。
ちゃんと返しましたよ。
母親が国民健康保険で、入院や高額な投薬治療が続いたときは、毎月役所に行って申請しました。

また、所得税が戻ってくる医療費控除と高額療養費制度(高額医療費)とは別ものです。

高額療養費制度を利用するくらい高額な治療費を払った年には、医療費控除の対象となることも少なくないでしょうから、こちらも忘れずに申告しましょう。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/42-480cc381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。