スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚調停ってどんな感じ? 調停の流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

調停の申立てが受理されると、家庭裁判所から調停期日通知書が郵送されてきます。

だいたい申立てから1か月後くらいに第1回目の調停があります。

別居中で住民票を移動してない、相手方に居場所を知られたくない、裁判所の封筒で郵送されると困る、都合の良い日、悪い日、相手と顔を合わせたくない、暴れる恐れがある、など調停の申立のときにその旨を記入する欄があるので、希望があれば記入しておきます。

離婚調停は、だいたい1ヶ月に1回の割合で開かれます。
いよいよ調停。
受付をすませると、おばちゃんが行った裁判所では、申立人と相手方の控室が別々になっていて、ほかの人も何人かいて呼ばれるまで待っています。
呼ばれて調停室に行くと、男女各1名づつの調停委員さんが調停の流れについて簡単に説明をしてくれました。

申立てのときに書いておいた離婚したいと思ったいきさつなどについて、確認したり、詳細を話します。
あまり感情的になると心証を悪くするので冷静に話すこととか言われております。
おばちゃんはあらかじめ、出会いから別居まで離婚したいと思った理由を時系列で紙に書いて整理しておきました。
あと、養育費や財産分与などの希望と、伝えておきたいことを箇条書きにしておきました。
これは、調停申立ての前にやっておいたほうがよいです。
気持ちの整理にもなるし、どうしたいのか明確になっていきます。

相手方から嫌がらせのメールが送られてきていたので、それも全部印刷して持っていき調停委員に見せました。

30分ほどで、又控室に戻り待っている間、今度は相手方が呼ばれて調停委員が話を聞きます。
また30分後くらいに呼ばれ、ご主人はこう言ってますよとか代弁してくれます。
またこちらの意思を伝え、もう一度交代して話をし、次回の調停期日を決め、今日のまとめというか、こうこうこうなので次回はこういう話をしましょうねとかってお開きに、だいたい2時間くらいかかります。
全く顔を合わせることなく1回目の調停が終わりました。

調停委員は、法律のプロというわけではなく民生委員のような経験豊富な地域の年配の有識者です。
調停は裁判ではなく、どちらが悪いとか離婚しなさいとか決める場ではなく、あくまでも第三者が介入しての話し合いの場です。慰謝料や養育費、生活費など算定表の金額をもとにこのくらいでとかいう提案もしてくれて、お互いが納得するところで折り合いをつけ決めてくれます。

調停は話し合いの場なので、お互いの意見が平行線でまったく話し合いにならなくていつまでも続けても意味がないと判断されれば不成立(不調)になります。
少しでも解決しそうな見込みがある場合に調停は続きます。
だいたい半年以内に終了するのが一般的だそうです。
1回で終わることはほとんどありません。

お互いの離婚の合意と親権や養育費など離婚条件が決まれば、調停成立です。

調停が成立すると、調停委員、裁判官、裁判所書記官の立合いのもとで、調停での合意内容を記した「調停調書」が作成されます。

調停成立後、申し立てた者が離婚届を提出します。
協議離婚と違い、夫婦および証人2名の署名・押印はいりません。
調停調書の謄本が送達されてから10日以内に、届け出ます。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/46-66036062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。