引っ越し先に郵便物を転送してもらう 転居・転送サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越しの際には、郵便局に転居届を出しておくと、1年間旧住所あての郵便物を無料で転送してくれます。

住民票を移動していなくても、転居届は出せますし、家族全員でなく、単身赴任や、子供が下宿するなど家族の一部の人の郵便物だけ転送してもらうことも可能です。

1年たっても転送サービスを利用する場合は、再び転居届を出すことでまた1年間継続することができます。

転居届は、郵便局の窓口に行って届け出るか、窓口などにおいてある転居届に記入してポストに投函する(切手不要)か、インターネットで申し込みます。

インターネットでの転居届はこちら→ 日本郵便 e転居
転送してくれるのは日本国内だけで、海外へ引っ越す場合は転送してもらえません。

引っ越しだけでなく不在のときにも転送してもらえる。
例えば、入院中だけ郵便物を転送してもらいたい場合も転居届を出すことで、病院に転送してもらうこともできる。
ですが、入院中の親族や亡くなった親族あての郵便物を代わりに受け取ることはできません。

最寄りの郵便事業会社支店又は郵便局に転居届を提出してから登録までに3~7営業日かかるので、引っ越しが決まったら早めに出しておきましょう。

転居先には、旧住所の上に新住所のシールが貼られた郵便物が届きます。
転送不要と書かれた郵便物は、転送されないことになっていますが、おばちゃんとこには、転送不要と書かれた郵便物も転送されてきたりします。

クロネコヤマトの宅急便ですが、ヤマト運輸に転居届を出すことで宅急便は転送してもらえますが、メール便は転送してもらえません。

通販カタログや情報誌、会報誌などメール便で配達されるものは結構あるので、大切なものは早めに登録先に住所変更の届出をしておきましょう。

また佐川急便には、転送サービスはありません。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/65-d4489268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon