スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「消費期限」と「賞味期限」の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

市販の食品には、消費期限(しょうひきげん)か賞味期限(しょうみきげん)のいずれかの表示があります。

「消費期限」と「賞味期限」と何がどう違うの?

消費期限(しょうひきげん)とは、「安心して食べられる期限」のこと。
急速に劣化しやすい食品について未開封の状態で保存方法の記載に従って保存した場合、品質が保てる期限のことで、年月日で表示される。
精肉や刺身、一部日配食品(パン、生菓子、弁当、惣菜など))は、旧来の製造年月日表示に代わって、この消費期限表記が義務付けられている。刺身や弁当など製造(調製)から消費期限までが短いものについては、年月日に加えて時刻まで表記されることもある。

消費期限は製造日からおよそ5日。
消費期限の表示のある食品は傷みやすいので期限内に消費しましょう。
また消費期限は開封前の期限なので、開封後はなるべく早く食べましょう。


賞味期限(しょうみきげん)とは、「おいしく食べられる期限」のことです。


開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限を示しています。
期限が過ぎたからといって食べられないわけではありませんが、味や風味が落ちることがあります。
保存がきく食品に表示されており、3か月を超えるものは何月または年月日で、3か月未満のものは年月日で表示されています。
スナック菓子、即席めん類、缶詰などは賞味期限が表示されています。
開封後は期限に関わらず、なるべく早く食べましょう。

おばちゃんは、消費期限の表示がされているものは、なるべく早く食べるようにしているけれど、賞味期限はあってないようなものというか、結構期限切れのものも平気で使ってしまいます。

臭ったり、ねばったり、変な味がしなければ大丈夫だよねぇ~って感じですわ。

冷凍したものとかだと、腐りはしないけれど味は確かに落ちていくよね。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/81-68de618c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。