スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団四季のミュージカル観劇、おすすめの席はどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

劇団四季のミュージカルが好きで何度か観に行きました。

チケットを買う時にどの席がよいのか悩んでしまいます。

そんなに回数は多くないですが、今まで観たことのある席の感想を参考に選んでみて下さい。


まず、「ライオンキング」東京公演(四季劇場 春)。

当日券の立見席での鑑賞。
ライオンキングは、当日券として1階前方の壁際の見切れA席と立見席が劇場窓口で販売されます。
休日の昼公演で、立見席とA席しか残っていませんでした。
立ち見席は、3階バルコニー席のさらにまた1段上がったところにあります。
前方が壁のようになっていて上はふわふわして丸っこくなっています。
そこに腕をのせてもたれかかって覗き込むように鑑賞します。
かなり上から下を見下ろすので、普段見えないところが見えたり、それはそれで面白味もありますが、休憩入れて約3時間の公演の立ち見は正直しんどかった。
雰囲気を味わうことができますが、やっぱり座れる方がいいね。

ライオンキングは、センターブロックど真ん中の前から3列目でも観ました。
かなり近いです。
役者さんの顔もはっきりわかるし、汗やら、マイクってここについてるんだぁとか、迫力もあるし色んな発見はありますが、近すぎて舞台を見上げるようになります。

ちなみに、マイクは顔というか耳の上こめかみあたりや額についてます。

おそらく1階席の真ん中あたりが一番良いと思います。
通路側もお楽しみはありますが、やっぱり真ん中だなぁ・・・。


「オペラ座の怪人」は名古屋公演での1階S席サイドブロック通路側、前から7列目くらいでした。
斜めからみる感じだったので、やっぱり真ん中がいいなぁと思った。
東京公演(四季劇場 海)では、1階センターブロックど真ん中、前から10列目くらいで鑑賞。
やっぱり真ん中はいいねぇ。
もう少し後ろでもよいくらいでした。
演出上12列前後の真ん中の席が良いと思います。

それとオペラ座の怪人はオーケストラの生演奏で、舞台の下にオケの人がいます。
休憩時間などに覗き込むとわかりますが、客席から見えるわけではないので団員はGパンだったり思いっきり普段着でした。
ライオンキングは民族楽器などのパーカッションが生演奏で2名、こちらは舞台両脇におひとりずついらっしゃいます。

「美女と野獣」
名古屋公演での1階席S席後方右寄り。
全体が見渡せてよかったです。

東京公演(四季劇場 夏)での最前列センターブロックど真ん中。
一度は観てみたかった最前列のど真ん中の席で鑑賞しました。
近すぎ~!

やはり舞台を見上げるようにみるので少し疲れるし、全体が見渡せません。

顔ははっきりわかりますが、わかりすぎてガストン結構老けてるね・・・とか、見なくていいものが見えてる気もします。

ドライアイスというか白煙がモクモクするシーンが結構あるんですが、そのたびに煙いです。

やはり役者さんの視線の先あたりの席が一番良いと思います。

東京公演、13列ど真ん中(20番)でも鑑賞。

やはりこのくらいが丁度いいです。
全体が見渡せて、顔もわかる距離でよかったです。
14列、15列目あたりでも良さそうです。

「キャッツ」は名古屋公演で観ました。
横浜のように回転しない1階席のみの劇場で、7列目くらいS席の端っこ通路側の席でした。
個人的に「キャッツ」はストーリー的には大しておもしろくないのだけれど、客席との一体感があってとても楽しいミュージカルだと思います。
当時は席を選んでチケットを購入することができず、通路側でがっかりしていましたが、猫たちがすぐ横を通っていくし、舞台が脇の方まであって目の前で猫の吐息を感じることができたり、逆に通路側でよかったです。
キャッツは通路側の席が良いかもしれません。

地方公演の「赤毛のアン」後ろから3列目のC席真ん中の席。(28列)
顔ははっきりとは見えませんが、十分楽しめました。
同じホールで「壁抜け男」はS席前の方でみました。
石丸幹二だったので、前の方でよかったですよ。

まとめ。
やはり観劇はなんにせよ、真ん中が一番いい。
地方の劇場など、1階席しかない劇場なら、安い後ろの席でも真ん中ならいいと思います。

東京など2階席以上ある場合は、1階のS席が良いと思います。
やはりセンターブロックのより真ん中に近いところがいいです。
前すぎても見辛いので、10列目前後の真ん中が一番良いのではないかと思います。

2階以上ある劇場で1階の1番後ろの席までがS席なら後ろでも構わないと思いますが、
1階の後ろの席がA席などS席ではない場合、(ライオンキング、オペラ座の怪人、美女と野獣など)、演出上見えない部分があります。
1階のA席より、2階のS席前方のほうがよいと思います。

四季劇場「夏」は13列、四季劇場「海」は12列の前が広いのでおすすめ。

追記:
「サウンドオブミュージック」東京公演(四季劇場 秋)12列センターど真ん中で鑑賞。
丁度良い席でした。

「リトルマーメイド」東京公演(四季劇場 夏)、15列センターど真ん中(21番)で鑑賞。
フライングがあるので、あまり前だと見上げる感じになるかも。
15列目でも全体が見渡せ、顔もわかるしちょうどよい感じだったけど、13列だと前が通路になっているので13列センターが一番いいんじゃないかな。

「ウィキッド」東京公演(四季劇場 海)13列センターど真ん中(22番)で鑑賞。
ちょうど良い席でした。12列目の前が少し広くなっていたので12列目が一番良いかも。


劇団四季ではないけれど、帝国劇場2階席の前から3列目で「レ・ミゼラブル」を鑑賞。
全体が見渡せるのはいいのだけれど遠いです。顔は見えません。オペラグラスがほしい感じ。
四季劇場の2階席で観たことはないけれど、帝国劇場より、四季劇場の方が天井は低く2階席も距離は近そうなので、もう少し良く見えるとは思う。


エンタメチケットの予約・購入は「チケットぴあ」で
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/82-288a31b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。