スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判離婚になるケース

このエントリーをはてなブックマークに追加

調停離婚は当事者双方の合意がなければ成立しませんが、一方が離婚に合意しなくても家庭裁判所が独自の判断の下に職権で離婚を宣言するのが「審判離婚」です。

審判離婚になるのは、全離婚件数の1%にも満たないごくまれなケースです。

実際に審判離婚になったケースには次のようなものがあります。

審判離婚は、家庭裁判所の権限で、当事者の意向に反してでも強制的に離婚を宣言するので、「裁判離婚」に近いですが、裁判の判決と違い、審判に対して当事者や利害関係者から2週間以内に異議の申立てがあれば、理由にかかわらず即座に審判の効力がなくなります。

ですが、実際になされた審判に対して異議を申し立てるケースはほとんどないようです。

審判の告知を受けた日から2週間以内に異議の申し立てがないと審判が確定し離婚が成立します。

審判離婚が成立したら、調停離婚と同じように必要な書類を用意し、戸籍係へ離婚の届け出をします。


関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obachanchie.blog.fc2.com/tb.php/99-2187f058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前の記事«  ホーム   »次の記事

最新記事

カテゴリ

暮らし
節約
家事
健康・美容・ダイエット
離婚
子ども
パソコン・インターネット
音楽
家電・電化製品
携帯電話・スマホ
オークション
食べたもの
雑貨
雑学
ゴルフ
おでかけ
映画
ミュージカル

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

プロフィール

書いてる人:ムミョン
アラフォーのおばちゃんです。

暮らしの手続きや気になることなど、おばちゃんの実体験や調べたことなど役立ちそうな情報から、あんまり役に立ちそうもない無駄知識まで、好き勝手に綴っている個人ブログです。

RSS

サイト内検索

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。